寄附総額

現在の寄附総額 2024年02月22日

8,492,459,113

ご支援いただいた皆様

(個人) 51,898

(法人・団体) 951 社・団体

東北大学基金 活動報告

 

 

Ukraine20231228.jpg
クラウドファンディングTOP_Banner.jpg

News Infomation

すべてのニュース
学生
大学
寄附

Back Number

支援する

「日本初女子大生誕生110周年記念募金」のご案内

わたしらしく、あなたらしく

〜Diversity Equity and Inclusion〜

日本初の女子大生は、東北大学で誕生したことをご存知でしょうか?今年2023年は、1913年、3名の女子が東北帝国大学への入学を許可され、日本初の女子大生が誕生してから110周年となリます。

東北大学基金では、この日本初女子大生誕生110周年の節目を契機に、DEI推進の取組を加速させてまいりたいと考えています。皆さまからの力強いご支援をお願いいたします。

詳しくはこちら

寄附者の声

過去をかえりみて

齊藤 宏 様(1962年 工学部卒)

私はこれまでの人生を振り返ったときに東北大学ボート部で学んだことが、いかに大きなことであったのか認識させられております。ボート競技はイギリスが発祥のスポーツで貴族の若者を鍛えるためのもので「最後まで全力を出しきる」というスポーツです。ボートを速く漕ぐためには強い体力が必要です。また漕手の気持を一にする一心一艇の「和」の精神も大切です。

LEARN MORE

三井住友信託銀行
取締役副社長 野口謙吾 様

弊社は2011年の東日本大震災をきっかけに「社会的貢献寄付信託」の取扱いを開始するなど、これまでも寄附を通じ社会的課題解決の一助となるよう努めて参りました。係る中、新型コロナウィルス感染症に対応するワクチンや治療薬の開発等を進める東北大学様を支援することで、

LEARN MORE

澁谷 健一

日頃より大変お世話になっております。学生活動や次代を担う博士を志す方の支援につながりますと幸いです。宜しくお願い申し上げます。

清水 弘之

仙台で過ごした6年間は、人生の宝物です。
学びと経験は、色褪せることなく、私の中に生き続けています。
人生の要所要所で、今でも、私を助けてくれています。
ありがとうございます。

鈴木 克昌

皆様のご発展を祈念いたします。

斉藤 晃一

東北大学工学部金属系の益々のご発展を祈念いたします。

神田 佳明

東北大学のおかげで今があります。母校に感謝。

原 隆之

東北大学の材料科学研究の発展と卒業生のご活躍を祈念いたします。

菊池 由香里

大学院生を支援したい。

佐藤 秀

大学院生の活動を応援します。

********

同窓生の皆様、夢を持って大学生活を実りある経験にして下さい^_^

内山 大輔

在学中は、附属図書館北青葉山分館に文献調査・レポート作成に頻繁に利用しました。そのたびに、理学に携わった先人たちの発想に感銘を受けたものです。学問を志し、社会に巣立っていく学生の皆様にとっての温故知新の場のさらなる発展に、微力ながらお力添えさせていただきます。

********

東北大学混声合唱団の委員長経験者です。コロナ禍を経て団員数も減り、できなくなったことが多くあったと聞いています。この苦境を乗り越え、仲間と一緒に合唱を楽しんでくださいね。

熊谷 正朗

植物園の以前のような公開を願っております。

吉田 哲朗

私がボディビル同好会1968年に設立し途中から体育会加盟し現在も活発に活動されてること知り嬉しく思いました。活動の一部の資金としてご自由にお使い下さい。

********

鳥人間コンテストでの後輩の活躍を毎回涙しながら見ています。これからの活動を応援しています。

鈴木 克昌

皆様のご活躍を祈念いたします。

大隅 典子

知のインフラとしての附属図書館の発展を祈ります。

大槻 望

小生の貧乏な学生時代に色々な人たちに助けてもらいました。そのことがあって今日に至っています。これからも困っている学生に支援し、充実した学生生活を送れるお手伝いをしたいと思います。

本吉 卓

東北大学の益々のグローバル知名度の向上を願っております。素晴らしい学生を沢山輩出し、同窓生がご活躍されることを祈念致します。

********

大いに学び、大いに遊び、学生生活を満喫して!!

********

ロボットアームの研究に魅力を感じたから。

成田 美子

東北大が世界に誇るナノテクを駆使したロボティクスの発展に向けてがんばってください。欧米のテックショーでも高く評価され、研究機関などからも本学研究者への共同研究のオファーの多い分野です。また、ウクライナ地雷除去などへの平和貢献もしています。

********

少ない金額ではありますが研究にお役立てください。自身の研究、所属プログラムでの更なるご活躍を期待しております。

鈴木 伸宏

雑務を減らして研究に充てる時間が増えますように
うまくいったら他の研究室にも活用してもらってください。

鈴木 伸宏

雑務を減らして研究に充てる時間が増えますように

久保田 隆文

応援しています!

********

課題は多いですが、10兆円ファンドに通った期待として寄付します。是非とも過去の成果にすがって変化しようとしない、今の大学・研究機関の枠組みを壊してください。

橋本 公和

ゲーム開発が無事終わり、たくさんの人がプレイし、復興が進むことを期待しています。

********

いつも応援しています。学生の瑞々しいチャレンジの支援を今後とも期待しています。

********

私が東北大学を受験したきっかけが、初の女子大生が東北大学で誕生したことを知ったからでした。これからの女子学生さんのますますのご活躍にほんの少しでもお役にたてば幸いです。

瀬谷雄仁

とても勢いのある東北大学での学生生活に少しでも役立てば幸いです。

学生の声

PICK UP

情報科学研究科30周年記念事業募金のご案内

本研究科は、1993年に東北大学で最初の独立研究科の一つとして創設され、2023年に創立30周年となりました。
30周年の節目を迎え、本研究科には従来にも増して社会から大きな期待が寄せられています。研究科の構成員が一体となり、多彩な研究分野を擁する本研究科の特徴を生かし、世界に貢献できる「新しい情報科学」を発信していく所存です。

詳しくはこちら